幸手市(さってし)権現堂桜堤の花見ガイド

桜の名所として有名な埼玉県幸手市権現堂堤の魅力を桜などの花・その周辺のお店や施設と共に紹介しています。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

幸手市の古民家 ①岸本家住宅主屋(しゅおく)

024 縮小版

岸本家は江戸時代末期に醤油醸造業の製造と小売をおこなっていて、パリ万博で銅メダルを受賞したこともあります。しかし、関東大震災の後、醤油醸造業はやめています。それから、2009年に「国登録有形文化財」に登録されました。

岸本家住宅主屋(しゅおく)以外の日光街道に面している建物は「平入り」であるのに対し、この岸本家住宅主屋(しゅおく)は「妻入り」(この説明は「妻入り」「平入り」をご覧ください。)の建物になっているので、他の建物とは異なっています。

この主屋(しゅおく)とは別棟にオカッテと呼ばれる広い土間があったそうです。そこには、井戸やカマドなどがあり、作業場・食事をつくる場所として使われていたそうです。このオカッテには馬車がそのまま入ることができたそうです。

醤油業を営んでいた頃は家族以外にも使用人も一緒に暮らしていたそうです。(果たして、何人ぐらいいたんでしょうか?食事を作る使用人がいること自体がすごいことですよね。)【参考資料 幸手の民家】

最近、「貴重な文化財を活用して街おこしをしよう」という試みがなされています。
そして、現在は「上庄(うえしょう)かふぇ」というカフェとして、この営業を「岸本家住宅主屋(しゅおく)」を活用しています。
ちなみに2011年11月15日にオープンしました。

この事が読売新聞埼玉版11月16日記事にのっています。新聞によると、「往時の柱や梁(はり)、引き戸が残る旧家の雰囲気が楽しめる」そうです。


上庄かふぇ

場 所 :埼玉県幸手市中2-1-9

電 話 :0480-77-7129

営業時間:11時~20時

定 休 日:月曜日

002 横 縮小版 岸本家住宅主屋(上庄かふぇ)

幸手駅から地図の通りに真っ直ぐ行くと交差点にぶつかります。その交差点の信号が下の画像です。

055_20111119211558.jpg

ここを右に曲がるとすぐに左手に見えます。
関連記事

| 上床かふぇ | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして
ご訪問ありがとうございます。
幸手市は?でした。読み方も間違えそうで・・・
岸本家は江戸時代からの建物なのですね。
素晴らしい佇まいですね。
「妻入り」と「平入り」も知らなくて
学ばさせて頂きました。
オカッテは今のお勝手口などとは関係ないのでしょうね。
「上庄かふぇ」風情ある素敵なカフェでしょうね。

| すみれ | 2011/11/19 22:48 | URL |

>すみれさん
ご訪問ありがとうございます。

私の知り合いの方も幸手(さって)が読めなかったので、ブログタイトルも平仮名付きに変えました。
もしかしたら、勝手口とオカッテは関係あるかも...。一応、調べたのですが、完璧な回答というのがないので、申し訳ないです。両方共、台所繋がりという点では共通してるっぽいです。
上庄かふぇはそのうち行こうかなと思っています。

| テンスタ | 2011/11/20 15:11 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://gongendou.blog.fc2.com/tb.php/45-4f3bbe65

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。