幸手市(さってし)権現堂桜堤の花見ガイド

桜の名所として有名な埼玉県幸手市権現堂堤の魅力を桜などの花・その周辺のお店や施設と共に紹介しています。

<< PREV | PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

幸手市権現堂曼珠沙華(彼岸花)①

権現堂 002

曼珠沙華祭り

平成12年より、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)を植栽し、市民ボランティアが大切に育て現在では約80万本にまで増えました。【幸手市観光協会より】

曼珠沙華とは

彼岸花の名は秋の彼岸ごろから開花することに由来する。
別名の曼珠沙華は、法華経などの仏典に由来する。

花言葉は「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」。
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」【wikipediaより】

この権現堂桜堤というのは、自転車もダメなので(たまに通っている方もいますが)

権現堂 001 縮小版

私はいつもこの手前に自転車を止めています。

権現堂 003

パッと見、通りの両側に曼珠沙華が咲いているのが見えます。正直、「あ~、少ないな、こんなもんなのかな」と思って歩いていくと、
関連記事

| 曼珠沙華(彼岸花) | 09:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://gongendou.blog.fc2.com/tb.php/1-3a978946

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。