幸手市(さってし)権現堂桜堤の花見ガイド

桜の名所として有名な埼玉県幸手市権現堂堤の魅力を桜などの花・その周辺のお店や施設と共に紹介しています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

権現堂の近くにある神社熊野神社

023 縮小版

権現堂堤の近くにある熊野神社に行ってきました。
本当は神社だけを撮りたかったんですけど、どうしても公園が入っちゃいますね。(^。^;)
この辺にアニメ「らき☆すた」のオープニングで使われた場所があるのと
キャラクターの泉家がありますね。(泉家は普通の住宅の中にあるので、写真を撮るのはやめました)
一応、らきすたOPに詳しくのってます。

024 縮小版

これを最初にすごく不思議に思っているのですが、いったい何に使うものなんでしょうか?
神輿とかを入れとくところとかなんでしょうか。
謎です。

017 縮小版

やっぱり賽銭と言えば、5円ですよね。
と言いつつ、10円にしてみました。(笑)

この神社の中には「権現堂堤(ごんげんどうづつみ)修復絵馬が納められているそうです。
その説明をちょっと。

権現堂堤は、江戸時代から治水政策に大きな役割を果たしていました。「権現堂堤が切れると東京中が水浸しになる」と言われ、明治二十六(一八九三)年に大規模な修理が行われています。
熊野神社に納められている権現堂堤修復絵馬には、そのときの工事や、当時の河岸場(かしば)(舟運の荷上げ場)の様子が色鮮やかに描かれています。明治二十六年の奉納で、願主(がんしゅ)は「工事仕立人 竹内大次郎」となっており、工事の無事完了を感謝したものと思われます。【幸手市教育委員会】


大きな地図で見る
スポンサーサイト

| 神社 | 14:04 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

幸手市 幸宮(さちのみや)神社に行ってきました。

幸宮(さちのみや)に行ってきました。

まずは忠霊塔です。

(忠霊塔(ちゅうれいとう)とは、近代以降の日本において建造された、国家や君主ために忠義や忠誠をもって戦争に出兵し戦死した者の霊に対して、顕彰または称え続けることを象徴として表す塔である。)【wikipedia】

002 縮小版

続いて、大杉社。

006 縮小版

それから次が拝殿。

008 縮小版

次が八坂社。

009 縮小版


続いて手水舎。

011 縮小版

幸宮神社は、創建から四百年以上の歴史を持つ古社で、幸手宿の総鎮守(そうちんじゅ)として信仰されてきました。
現在の本殿は、棟札(むねふだ)によると文久一二(一八六三)年に再建されたもので、総けやきの流れ造りです。正面扉の両脇に昇り龍・下り龍が刻まれ、本殿の周りには獅子(しし)・鳳凰(ほうおう)・天邪鬼(あまのじゃく)・鷹(たか)・松などが彫刻されています。獅子は左右一対になっており、阿吽(あうん)の形をとります。
また、田起こしから収穫まで、稲作の様子を順を追って描いた四季農耕の彫刻も見事です。【幸手市教育委員会】

たまにこういう所を散歩すると、ゆったりとした気分になれますね。
散歩するには良い天気でした。(^.^)

| 神社 | 17:08 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。