幸手市(さってし)権現堂桜堤の花見ガイド

桜の名所として有名な埼玉県幸手市権現堂堤の魅力を桜などの花・その周辺のお店や施設と共に紹介しています。

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

さって観光マップ ⑨街道の道しるべ

041 縮小版

日光街道の道しるべ

 この道しるべは、安永(あんえい)四年(一七七五)日光街道と筑波道の分れる所に建てられたものです。昔の旅人達にとって、この道しるべは街道を歩く際のたよりになったもので、大切なものです。
 この道しるべには、「左日光道」「右つくば道」「東かわつま前ばやし」と刻まれています。かわつまは現在の茨城県五霞村字川妻、また前ばやしは、茨城県総和町前林のことで、筑波へ行く道順です。
 この道が日光だけでなく、遠く奥州(おうしゅう)(東北)へも通じていたのです。【幸手市教育委員会】

徳川家の2代将軍である徳川秀忠が初代将軍である徳川家康が祀られている日光に足を運んでいます。それを日光社参(にっこうしゃさん)と言いますが、12代将軍である家慶(いえよし)まで計19回にわたって行われたそうです。そして、将軍が日光へ向かうために利用したこの道の事を御成道といいます。(今でも御成街道という名前で残っています。)

幸手は当時、幸手宿として栄えていたようです。その規模もかなり大きかったようです。

地図上に赤い線で書いてみました。


001 縮小版 道しるべ

一応、写真も載せておきます。

010 縮小版 道しるべへの道順

赤い矢印のように反対側に渡ってください。(信号が近くにあるので、それを利用してください。すいません、写真に撮るのを忘れてしまいました。)

012 縮小版

そうすると左手に上の写真のような道が見えてくると思うので、そこを下るとガードレールが途切れていて、すぐに右に曲がるところがあるので右に曲がってください。後はひたすら真っ直ぐです。歩いて約10分ぐらいだと思います。
スポンサーサイト

| 街道の道しるべ | 11:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。